フード業界の店舗開発職の求人特集

フード業界の店舗開発職の求人特集

フード業界は、「ブランド価値」を重視する時代へ。
店舗開発職に求められる資質も変化しつつあります。

フード業界の出店スタイルはこれまで、一気に店舗数を増やすスタイルや地域を絞って集中的に出店するドミナント戦略が主流でしたが、昨今では都道府県ごとに1店舗ずつ出店するなど、希少性やブランド価値を損なわないよう店舗を広げていく方向へとシフトしつつあります。
今回の求人特集では、フード業界における店舗開発のポジションにフォーカスし、求人動向や求められる人材の傾向、店舗開発職のキャリアパス等、効果的に転職活動を進めていくための転職ノウハウや様々な情報をお伝えいたします。

フード業界における店舗開発職の求人動向と企業が求める人材の傾向

フード業界における出店スタイルの変化と連動して、店舗開発職の求人動向も変化を見せ始めています。今後、人材に求められるのは、「ブランディングに対する理解力」、「情報収集力」、「得意な商圏」の3つが挙げられます。

業態ごとのポジションや役割、コンセプトをしっかりと把握し、あるべき商圏に出店するための「ブランディングに対する理解力」。

フード業界では、出店立案や商圏分析を行い、事業の採算性を見越した上で出店へとつなげる一気通貫の出店方法が主流となっています。大手企業を中心に業態ごとのポジションや役割、コンセプトをしっかりと理解し、あるべき商圏に出店できるのかといった戦略的な思考と発想が求められます。たとえブランディングが優れていたとしても、一つひとつの店舗が出店場所を見誤り、的はずれな商圏に出店してしまうことで、期待する成果を実現できないといったケースもあります。そのため、ブランディング・コンセプトへの深い理解に基づく出店場所の策定は、店舗開発担当者にとってとても重要なポイントとなります。

競合他社の店舗のチェックや立地調査など、実際に足を使って現地の情報をつかむ「情報収集力」。

店舗の売上を大きく左右する出店場所の選定においては、激戦区である駅前などの一等地に競合他社がすでに出店していることも少なくありません。戦略的に出店して売上を拡大していくために、立地調査はとても重要です。気になるエリアに立地する競合他社の店舗のチェックする、地元の不動産屋へ通って情報を集めるといった、デジタルの時代になっても足を使って情報収集するアナログな行動力が必要とされているのも実情です。常にアンテナを張り巡らせながら、積極的に新しい情報を取り入れていく力が求められます。

ロードサイドや駅周辺といったエリアや業態等、どの商圏に特化し、実績を積み上げてきたのかを示す「得意な商圏」。

フード業界の場合、たとえばレストランであればロードサイド、居酒屋であれば駅周辺というように、業態ごとに求められる商圏は異なります。最近の開発傾向として、ロードサイドに強いのか、デベロッパーに強いのか、駅周辺の商圏に強いのか等、担当者としてどの商圏に特化し、実績を積み上げてきたのかを選考の際に留意する企業も増えています。また、競合企業の売上分析を踏まえて自社と照らし合わせた際に、ビジネスとしてどの程度の成功が見込めるかを見抜くことも、店舗開発の仕事に求められる能力です。数字に基づく実績を根拠に、得意な業態の商圏分析力をアピールできると良いでしょう。

店舗開発職の転職で求められる経験

フード業界における店舗開発職の転職では、商圏分析や物件契約、水回りを扱った経験や、競合企業に対する知見およびこれまで築いたパイプを活かして、業界の競合企業に転職するケースが少なくありません。店舗開発職の中途採用の際に求められる経験年数は30代前半での転職の場合は5年程度、40歳以上での転職の場合は10年程度の店舗開発経験と部下のマネジメント経験が求められます。

フード業界における店舗開発職のキャリアパス

売上利益に与える影響力が大きく、経営視点が醸成される店舗開発職は、会社の中枢部門や幹部候補へのキャリアパスも描くことができます。

店舗開発職は、出退店が企業の売上利益に与えるインパクトも大きく、経営的な視点での判断力も醸成されるため、実績を築き上げて会社の中枢部門や幹部候補に抜擢される方も少なくはありません。
一方、施工管理部門・設計部門・設備部門を統括していく立場、つまり建装部長のポジションへ進む方もいます。経営陣や営業部門、建装部門といった様々なメンバーとのやり取りも頻繁に発生し、組織を横断して業務を進めていく店舗開発職の経験は、部長ポジションへのアドバンテージの一つになるでしょう。

フード業界での店舗開発の求人例

■外資系大手フードチェーン/店舗開発/想定年収:500万円~700万円
■東証一部上場外食企業 / 店舗開発 /想定年収:500万円~800万円
■大手コーヒーチェーン/ 店舗開発 /想定年収:600万円~800万円

弊社コンサルタントのご紹介

店舗開発職を経て、中枢部門や幹部候補に抜擢されるケースも。
将来のキャリアパスも視野に入れ、的確にサポートいたします。

フード&サービスチーム・マネジャー和田 孝

安心して選考に臨んでいただくために、皆様には事前にできる限りの情報をご提供できるよう努めています。そのため普段より、お取引企業様とは密に連絡を取り、情報を常にアップデートしています。
店舗開発職には、商圏・他社分析から事業計画のシミュレーションを行い、最適な出店エリアに落とし込むなど、高い経営目線とそれを実現する遂行力が求められます。併せて世の中のトレンドに敏感なアンテナも常に拡げておかなければなりません。このように一つの成果を挙げるにあたって、多角的な視点が外食産業にも求められており、店舗開発職はその最たるものであると思います。
店舗開発の経験・実績を活かして、会社の中枢部門や幹部候補としてのキャリアへと発展させていくことも可能です。新たなキャリアへの気づきや将来的なキャリアパスを見据えたコンサルティングをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

弊社が提供可能なサービスとベネフィット

弊社では、ご転職をお考えの皆様のご希望を十分にお伺いし、さらなるキャリアアップにつながるキャリア構築のご相談、フード業界の情報提供等、ご要望に応じたコンサルティングを行っております。豊富な転職成功実績に裏付けされた的確なコンサルティングをさせていただき、ご面談によって得た皆様の強み、熱意などを明確に企業に伝え、面接から内定へといった次のステップへ着実につなげてまいります。

主な紹介先企業(一部抜粋)

スターバックス コーヒー ジャパン / 日本マクドナルドホールディングス / フォーシーズ / DDホールディングス / ファイブグループ / きちりホールディングス / ネスレネスプレッソ / ブルーボトルコーヒー / タイソンズアンドカンパニー / モスフードサービス / ウェルカム / シャノアール / BAKE / グローバルダイニング / トリドールホールディングス / ドトールコーヒー / GOSSO / ギフト / ヴィア・ホールディングス / 東京レストランツファクトリー / THE CREAM OF THE CROP AND COMPANY / ペッパーフードサービス / 物語コーポレーション / ゴンチャ ジャパン / テンアライド / 安楽亭 / ユナイテッド&コレクティブ / レインズインターナショナル / ポッカクリエイト / ひらまつ / GLOBRIDGE / STABLES 他

求人特集一覧を見る

無料転職サポート相談はこちら