グローバルに展開しているFMCG企業のマーケティング職の中途採用・求人特集 業界動向や想定年収などを解説 | 外資系企業、消費財業界の転職・求人なら ー アズール&カンパニー

グローバルに展開しているFMCG企業のマーケティング職の求人特集

FMCG業界の外資系・日系グローバル企業各社は、マーケティング関連職の中途採用に力を注いでいます。

食品、飲料、日用品、お酒、ペットフード等を取り扱うFMCG(Fast Moving Consumer Goods)企業から、日々多くの求人が寄せられています。国内市場や海外市場におけるビジネスの成長・拡大を推進する上でキーとなるマーケティング経験者の獲得競争は激しく、外資系・日系グローバル企業各社はマーケティング関連職の中途採用に力を注いでいます。
今回の求人特集では、ジュニアクラスのマーケティング関連職にフォーカスし、マーケターとしてキャリアアップを図りたい方へ、転職活動を有利に進めるうえで役立つ情報をお届けいたします。

グローバルに展開しているFMCG企業の
マーケティング関連職の求人動向

採用ニーズが高いのは、マーケティング全般を指揮するポジションであるブランドマネージャーやプロダクトマネージャーです。

FMCG業界のマーケティング関連職には、「ブランドマネージャー」「プロダクトマネージャー」「トレードマーケティング」「商品企画・開発」「販売促進(セールスプロモーション)」「CRM」「リサーチ」「広報・PR」等、様々なポジションがあります。
その中でも、ブランドやプロダクトのPL責任を持ち、ビジネスの成長・拡大の促進を目指す戦略立案や商品企画・開発・プロモーション等のマーケティング全般を指揮するブランドマネージャーやプロダクトマネージャーのポジションは常に採用ニーズが高い状況です。

FMCG各社が、EC市場おける売上拡大化を目指すのを背景に、近年、注目を集めているのはデジタルマーケティングのポジションです。

消費者の購買行動の変化に伴い、FMCG各社は外部のECプラットフォームや直販ECサイトの売上拡大に向けた取り組みの強化を推進しています。
そのような背景の中、デジタルマーケティング職といった、いわゆるデジタル戦略の立案・実行に携わるポジションや、デジタルメディアを活用したコミュニケーション戦略の立案・実行に携わるポジションのニーズが大きく伸び始めている傾向にあり、FMCG企業でのデジタルマーケティング経験者だけではなく、ECプラットフォーマーからFMCG企業への転職者も増加しています。

グローバルに展開しているFMCG企業でのマーケティング関連職の求人例

■外資系大手飲料メーカー / アシスタントブランドマネージャー / 想定年収:500円~800万円
■外資系大手食品メーカー / Eコマースマーケティング / 想定年収:400万円~700万円
■外資系大手日用品メーカー / トレードマーケティング / 想定年収:600円~800万円
■日系大手飲料メーカー / 商品企画 / 想定年収:400万円~600万円
■日系大手食品メーカー / CRMプランナー / 想定年収:600万円~800万円

FMCG企業が求める
マーケティング関連職の人材の傾向

一般的に、3年程度のマーケティング経験は必須ですが、ジュニアクラスの未経験者にも採用ターゲットを広げているケースも。

FMCG企業のジュニアクラスにおけるマーケティング関連職で求められる経験は、外資系・日系ともに「FMCG企業でのマーケティング経験3年以上」が一般的であり、必須経験として「マーケティング経験者であること」を条件とする企業が大半を占めます。
その一方で、一部の外資系大手FMCG企業ではジュニアクラスのマーケティング未経験者にも採用ターゲットを広げているケースもあります。たとえば、食品・飲料・日用品等のFMCG企業をクライアントに持つエージェンシー出身の方や、FMCG企業の営業職として、ナショナルチェーンの本部商談で実績を上げている方や、POSデータ等の分析から導き出した仮説をもとに、クライアントに売り場提案や販促提案を行い、具体的な成果を生み出した実績がある方など、トレードマーケティング等のマーケティング関連職へキャリアチェンジできる可能性もあります。

外資系FMCG企業では、ビジネスレベル以上の英語力を求められますが、ポジションやマーケティング経験により、英語の要件が緩和されることも。

外資系FMCG企業のマーケティング関連職では、ビジネスレベル以上の英語力を求められる傾向が一般的です。しかしながら、一部の外資系FMCG企業においては、ジュニアクラスのマーケテイング関連職の採用に限り、食品・飲料・日用品等のカテゴリーにおけるマーケティング経験があれば日常会話程度の英語力でも採用に至るケースもあり、英語の要件を緩和する動きも出てきています。

弊社コンサルタントのご紹介

20年におよぶ経験と、業界各社のマーケティング戦略に広く精通。
キャリアの可能性を広げる、精度の高いマッチングを実現させます。

Beauty & FMCG部門 エグゼクティブコンサルタント重田 晴香

外資系FMCGおよび日系日用消費財の大手企業からスタートアップ企業まで、業界各社のマーケティング戦略に広く精通しております。約20年間のキャリアコンサルティングの経験と様々なケースの転職の成功実績に基づき、マーケターとしてのキャリアの可能性を広げる精度の高いマッチングの実現が私の強みです。
外資系FMCGおよび日系日用消費財グローバル企業のマーケターとして求められるのは、「リーダーシップ」「コミュニケーション力」「論理的思考力」「戦略的思考力」です。これら一つひとつの視点から、ご自身のこれまでの経験や強みを棚卸し、具体的な成功体験や実績に関する数字を提示するだけではなく、「パッション」が伝わるよう効果的にアピールすることが内定を獲得する重要なポイントになります。
各社のキーワードは共通していても面接のスタイルは大きく異なりますので、応募企業に合わせてきめ細やかなサポートをさせていただいております。

弊社が提供可能な
サービスとベネフィット

弊社では、ご転職をお考えの皆様のご希望を十分にお伺いし、さらなるキャリアアップにつながるキャリア構築のご相談、FMCG業界の情報提供等、ご要望に応じたコンサルティングを行っております。豊富な転職成功実績に裏付けられた的確なコンサルティングをさせていただき、ご面談によって得た皆様の強み、熱意などを明確に企業に伝え、面接から内定へといった次のステップへと着実につなげてまいります。

主なご紹介先FMCG企業一覧

食品、飲料、日用品、お酒、ペットフード等、グローバルに展開しているFMCG企業の求人を幅広く網羅しております。

外資系FMCG企業

Unilever(ユニリーバ) / Nestle(ネスレ日本) / Mars Japan(マース ジャパン) / Schick Japan(シック・ジャパン) / SC Johnson(ジョンソン) / LAVAZZA(ラバッツァ) / Starbucks Coffee Trading(スターバックストレーディング) / Bausch&Lomb Japan(ボシュロム・ジャパン) / Anheuser-Busch InBev (アンハイザー・ブッシュ・インベブ) / Red Bull (レッドブル) / MHD Moët Hennessy Diageo (モエ ヘネシー ディアジオ) / PERNOD RICARD JAPAN(ペルノ・リカール・ジャパン) / BACARDI JAPAN (バカルディ ジャパン) / Diageo Kirin Company (キリン・ディアジオ) / Hill’s-Colgate (日本ヒルズ・コルゲート) /ROYAL CANIN JAPON (ロイヤルカナンジャポン) / KONG Japan(コングジャパン) / V and P / Philip Morris Japan (フィリップ モリス ジャパン) / Imperial Tobacco (インペリアル・タバコ)/ McCain Foods (Japan) (日本マッケイン・フーズ) 他

日系日用消費財企業

日清食品ホールディングス / 日清ヨーク / カゴメ / 味の素 / 江崎グリコ / 万田発酵 / 有楽製菓 / 日本カバヤ・オハヨーホールディングス / ブルボン / トロナジャパン / 片岡物産 / シービック / 大幸薬品 / アンファー / 大正製薬 / ロート製薬 / 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー / DHC / アース製薬 / フマキラー / JT JAPAN TOBACCO (日本たばこ産業)  他

求人特集一覧を見る

無料転職サポート登録はこちら