FashionBeauty

ラグジュアリーファッションの業界と採用の動向

インバウンドや国内富裕層による消費の恩恵を享受。

2008年の「リーマンショック」に始まった全世界的な景気低迷がようやく過去のものとなり、ラグジュアリー業界は今、追い風を見つけながら再浮上の道を着実に歩み始めています。特に日本は世界で最も大きな成長率を遂げており、その背景は急増する外国人旅行客によるもので、その額は日本全体の約2割を占めていると言われています。また国内富裕層の安定した消費も背景に、日本のラグジュアリー市場規模は昨年に引き続き好調であることが予想されます。

注目すべきは、高級消費財におけるオンライン市場の伸びです。世界的な成長率は2015年で前年比40%、これは高級消費財全体の実に7%と、3年前の約2倍という数字も出ています。日本でもEC市場はめざましい成長を遂げています。ラグジュアリー市場もまた、時代の潮流に乗り、さらなる伸びが見込める新たな流通チャネルとして各社今後ますます力を入れることが予想されます。

オンライン市場の成長に伴い、異業種採用も積極化。

同業界での経験者の採用が多い業界です。ブランドだから売れる時代ではなくなった今、求められている人材は、時代の潮流に乗った「新しいチャレンジができるアイデアパーソン」。歴史あるブランドを守りながらも、新しいことにいかにチャレンジしていくかがブランド成長の要因となっています。特に大手ブランドの採用では異業種出身者に門戸を開き、全く新しい発想やアイデア提案を求める傾向も見られます。

今やデジタルコミュニケーションやオンライン販売は、ラグジュアリー業界でも欠かせない戦略の一つとなっています。しかしながら、この領域においては、まだまだ業界としての歴史が浅く、デジタルコミュニケーションやオンラインへの投資そのものに各社のばらつきが大きく、業界内で人材が育っていないのが実状です。この領域においては、異業界からの採用を積極的に行っています。

高級化粧品の業界と採用の動向

独自のブランディングや販売チャネルを展開する日本市場。

リーマンショックによる不況の影響を受けたラグジュアリー業界の転職市場ですが、アズールにおいて高級化粧品ブランドからの求人ニーズはその間も衰えることはなく、また売上も堅調を維持。

世界的に見ても日本の化粧品市場は世界3位、スキンケア市場では世界2位となる大きな市場であることから、外資系化粧品ブランドは以前から日本を重要な拠点と捉え、日本市場へ大きな投資を行ってきました。世界一美意識が高いと言われる厳しい目を持った日本の消費者が求める高品質な製品の導入を進め、独自のブランディングが日本の消費者を魅了してきたと言えます。

従来、高級化粧品ブランドは百貨店、直営店舗などを通じて販売されてきましたが、働く女性の利便性などの理由から、現在ではファッションビルやショッピングセンター内で展開するセルフ型販売や自社EC販売にもチャネルを広げ、注目されています。

多様化する販路を見据え、一般消費財業界にも需要が波及。

顧客ターゲットへのブランド訴求が要となるマーケティングコミュニケーション職をはじめ、ラグジュアリーブランドからの転職が多い業界ではありますが、販売チャネルの広がりから一般消費財業界の経験者を求める傾向も高まりを見せています。多様化する販路を見据え、セールス、販売促進、オンラインマーケティング、CRM、データベースマーケティング等のポジション強化が今後も予想されます。これまでにも一般消費財業界から化粧品業界を経て、さらに高付加価値を求めるラグジュアリー業界への転職を果たした例も複数見られます。

また、新しいアイデアの発掘、新しいテクノロジーを導入する技術革新が今後の市場の成長のカギとされており、ブランド戦略、マーケティング戦略を実行できるプロダクトマーケティング(企画・開発)職の採用強化が引き続き見込まれます。

Special Interview

特別インタビュー 企業の皆様にお聞きしました

最新ラグジュアリー求人情報 [職種別検索]